サッカーのブックメーカーにBETしてみよう

BET

欧米での賭け屋のことをブックメーカーと呼び、最近のインターネットの発達により日本にいながらにしてこのような海外のブックメーカーに賭けることもできるようになりましたが、BETの方法は日本とは少し様相が異なりますので、入門者のためにその方法を説明しましょう。もちろん、別にイカサマが行われているということではなく、単に倍率の表示の仕方が日本での方式とは少し異なりますので、慣れが必要だというだけのことです。

例えば、日本において倍率が5倍といえば、100円を賭けて勝った場合には500円が手元に戻ってくることを指します。これを欧米のブックメーカーでは5倍という数字では示さず、4:1とか4-1のように示すのです。意味合いとしては、左の数字がメーカー側の賭け金であり、右の数字が参加者側の賭け金です。つまり、参加者が100円を賭けるならば、メーカー側は400円を賭け、勝ったほうが賭け金の合計を総取りできるというようなイメージになります。分かるでしょうか、この場合ですと、賭け金の合計は500円になり、参加者が賭けに勝てば500円を得ることになるわけですから、日本で言うところの倍率5倍と同じ意味合いになるわけです。

なお、これが最も標準的な倍率表示方法ですが、これが全てとは限りません。日本と全く同じように倍率で示しているブックメーカーもありますし、これらとは異なる方式で示しているものもあります。勝った場合の配当がどうなるか確認してから参加するようにしましょう。

FREE BET

ブックメーカーでサッカーチームの勝利予想

ブックメーカーは、ギャンブルです。いろいろな予想が用意されていて、自分が結果がそうなると思ったところに投票をし、当たればリターンを得ることができます。リターンは、投票金額に投票時点に示されていたオッズをかけ合わせた金額です。オッズはあとで同じ投票でも変更されることは有りますが、ブックメーカーの場合は投票時点のオッズが使用されますので、当たった場合のリターンの想定は、オッズの変動を気にする必要は有りません。オッズの変動は自動的になされるのではなく、運営が適宜票の動きを見て指定していきます。

ブックメーカー入門のおすすめは、勝利チーム予想です。これは、単純に勝ち負けを予想して、それが当たれば配当が貰えるものです。複雑な予想は必要ないので、初心者でも始めやすいです。その分オッズは低くなる傾向にありますが、十分楽しむことができるでしょう。慣れてきたら、やや複雑な予想をしていけば、より楽しみの幅を広げていくことが可能となります。

ブックメーカーの楽しみ方は一つではありません。ある人は利益を出すことを目的として投票を行いますし、ある人はスポーツ観戦の楽しみを増やすという目的で投票を行います。いずれも正解の楽しみ方です。なぜなら、一つの決まった楽しみ方は存在しないからです。もちろん、ギャンブルである以上、リターンがあった方がうれしいですが、それを第一としない楽しみ方もありますので、自分の楽しみ方を模索して下さい。

チーム

ブックメーカー入門 政府公認

公認

ブックメーカーは、スポーツなどを主な賭けの対象とした賭博を扱う会社です。イギリスから広く世界に普及するようになったと言われており、日本でもブックメーカーを利用して賭けを行っている人がたくさんいます。入門的な説明からはじめると、ブックメーカーはオッズを公開して賭けを行う仕組みとなっています。ほかのギャンブルに比べて参加者が多いのは、あらかじめ配当率が表示されているという点と、集まった賭け金に対する還元率が非常に高いという点です。

配当率を事前に表示するということは、競馬などのように主催側の利益が確定しているわけではなく、損をする可能性があることを示しています。そのため、主催側の会社に損があっても、賭けの勝者に対してきちんと支払いができるように、ブックメーカーの会社にはかなり厳しい審査基準があります。会計監査や会社の利益率などの条件をクリアして、はじめて公認されるため、規模の大きな大手会社にはそれなりの信頼性が担保されています。

また、還元率についてですが、例えば宝くじや競馬などは、その割合が50%を下回っています。しかし、ブックメーカーの還元率は運営するための手数料を除いた95%程度となっていて、賭博の中でも勝ちやすい傾向にあると言われています。日本国内から参加する場合は、法整備が整っていないこともあり、違法かどうか判断のしづらい部分ではありますが、自己責任の範囲で投資を行っている人もいます。

ボール

ブックメーカー入門 挑戦方法

挑戦

日本からも多くの利用者が海外のブックメーカーサイトにアクセスして賭け事を楽しんでいます。入門者が効率的に賭けに挑戦するには、日本語に対応したサイトを利用する方法があります。近年では日本国内からブックメーカーを利用する人が増えているので、日本語が使えるサイトの数も増加しています。基本的にブックメーカーはヨーロッパやアメリカの企業です。それらが運営するサイトも英語を使用するのが主流派ですが、日本語に対応しているサイトもあり入門者でもスムーズに賭けを行うことができます。また高い確率で賭けに勝利するためには特定の分野に関する深い知識が必要になります。

入門者はまだ知識が不十分な場合が多く賭けの勝率もそれほど高くはないのが通常なので、キャッシュバックを行っているサイトを利用すると便利です。万が一賭けに負けた場合でもキャッシュバックを行っているサイトであれば、一定率の賭け金が戻ってきます。日本語に対応したサイトやキャッシュバックのあるサイトであれば、安心して賭けを楽しむことが可能です。

ブックメーカーではスポーツや政治など様々な分野が賭けの対象とされます。スポーツが賭けの対象となる場合には、試合を生中継しているサイトも存在します。試合の状況を見ながら賭けを行うことができるので、結果を予想しやすくなります。サッカーや野球などの場合には日本で行われる試合が賭けの対象となる場合も存在します。国内のサッカーやプロ野球の試合であれば情報も集めやすいので、入門者でも有利に賭けに挑戦できます。

Menu