ブックメーカー入門者のためのパターン

パターン

ブックメーカー入門者には、スポーツに見られるパターンを利用した必勝法が役立ちます。これは年間を通して試合を行うチームや選手が、長い期間試合を続けるために必要な体力温存などを反映したものです。例えばテニスの試合の場合、上位ランカーの選手はサーブに対して無理に追いかけることはしません。それよりも正確にサーブを決めることと、相手のミスを待つ戦略を取ります。その上で試合が長引いた場合には、ラリーに臨むというパターンが多く見られます。

つまり最初のゲームではサーブ権を持つ選手が勝ちやすいことから、勝敗予測が立てやすいと言えます。これはスポーツに詳しくない人であっても簡単に判断できることなので、ブックメーカーの入門者でも簡単に利益が出せるようになります。サッカーや野球といったリーグ戦においても、それぞれに特徴的なパターンが見られます。どのチームも全ての試合で全力を尽くすわけではありません。

時には主力選手を控えに下げて格下のチームに臨むこともあります。このような試合では格下チームが勝つケースも多いので、オッズのつけかたもブックメーカーによって変わります。そこで両方のチームに賭ける方法が成立しやすくなります。その際には、それぞれのチームに対して高いオッズをつけているブックメーカーを選ぶと、有利な形で賭けを行うことができます。どちらのチームが勝っても利益が出せるようなポジションを作ることができるからです。

Menu